2006年11月 7日 (火)

バター風味のカボチャ煮

「素材にこだわる」 といってはじまったこのブログだが、
いきなり2回目のレシピは、素材にこだわらない残り物レシピ。
まあ、「できる限り」なんで許してつかーさい。
でも、その代わり今日は

カンタン!おいしい!日持ちする!

と三拍子そろってるんで、そこんとこヨロシク。


この季節、カボチャがおいしい。
カボチャのレシピといえば、ベーシックなのが煮物。
ほんのりお醤油で味付けされた和風カボチャ煮がおいしいのは
よ〜くわかっているので、
ここはひと味違う、我が家オリジナルをご紹介。

20061107040112

<材料>
・ カボチャ 1/2個
・ 人参(北海道産有機栽培人参) 1本
・ マギーの無添加コンソメ 5g
・ 水 300cc
・ 塩(チベット高原の塩) 適量
・ バター 適量


カボチャだけて作ってもいいし、
お好みでグリンピースなどトッピングすると彩りがきれいに。
今回は前回の「ひじきの炒め煮」で残っていた
北海道産有機栽培人参をたっぷり追加。


カボチャは適当な大きさに切る。
いつも固いカボチャが切りにくくて大変!
という人は、刃先からカボチャに対して垂直に歯を入れつつ
刃元を向こう側へ押し出すように切ると切りやすい。

人参を適当な大きさに切る。

水300ccを沸かし、コンソメを入れてスープを作る。

カボチャと人参を鍋に入れ、前述のコンソメスープを足し、火にかける。

材料がやわらくなってきたら塩を加え、弱火にして10分ほど煮込む。

バターを加え、弱火で好みの柔らかさになるまで煮込む。

できあがり。

ポイントは思いきってバターをたっぷり入れること。
不安だったらはじめは少し入れて、味見しながら徐々に追加してもOK。

20061029221455











この料理は、今は亡き伯母が教えてくれた。
子供の頃、和風仕立てのカボチャの煮物が大嫌いだった私だが、
伯母の家で出されたこのバター風味のカボチャ煮は
一口でその虜になってしまった。

「すごーい。おいし〜い。なんでカボチャなのにこんなに美味しいの?」

と感激いっぱい、料理をほめる幼い私に
伯母はうれしそうにこう言った。

「そんなに美味しい? なんだろうねぇ。バター入れたからかねぇ」

それから二十数年後のある秋の日、
私はもうふつうのカボチャの煮物を美味しいと感じる
大人の舌を持っていたけれど、
伯母のバター風味のカボチャ煮を急に思い出した。

無性に食べたくなって作ろう!と思いたったけれど、
すでに伯母は鬼籍に入っていてレシピは不明。

そこで、伯母が残した「バター」というキーワードを頼りに
テキトーに作ってみたところ、
伯母が作ってくれた味にドンピシャ仕上がった。

要はカンタンだっただけなんだけど…。

今では毎年、秋から冬にかけて
和風のカボチャの煮物に飽きた頃、作る。
子供にもウケがいいので、得意になってたくさん作るのだが
冷蔵庫で1週間は持つ。

バターの種類や入れ方、入れた後の処理で
微妙に風味が変わるので、いろいろ試してみるのも一興。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

子供ヨロコブメニュー | 酒の肴